HOME  SITEMAP
名古屋ブラスアンサンブル

メンバー

テナー一覧


バス一覧


岐阜県可児市出身、1974年7月生まれ。
中学入学時に吹奏楽部でトロンボーンを始める。
高校入学後もトロンボーンを続け、高校3年生で「可児ウィンド
オーケストラ」を設立。
1998年に「可児トロンボーン四重奏団」の結成に参加。(2004年解散)
2001年、「可児ウィンドオーケストラ」に首席制度が採用され、同団2人目の首席奏者に就任。
同年、「名古屋シンフォニア管弦楽団」に入団し管弦楽のキャリアをスタートさせる。
2003年、可児市より「可児市21世紀文化コーディネーター」に選任され、母校吹奏楽部の指導にあたる。

2004年に「名古屋シンフォニア管弦楽団」を退団。管弦楽の活動を休止する。
その一方でソロ活動に注力し、2005年、2006年と2年連続でソロリサイタルを開催。
2006年には「可児ウィンドオーケストラ」と、F・ダヴィッドの「トロンボーン小協奏曲」を共演する。
同年9月、「多治見市交響楽団」に1番奏者待遇で入団。管弦楽の活動を再開。
2007年1月、長年の夢であったフランススタイルのトロンボーン四重奏団である「クロッシングスライズ四重奏団」の結成に参加。
同年3月、東海地区のアマチュア奏者を結集した「名古屋トロンボーンアンサンブル」を提唱、その結成に参加。
2007年12月には3度目のリサイタルを地元可児市で開催し、H・トマジの「トロンボーン協奏曲」を快演する。
また2008年11月には「可児ウィンドオーケストラ」の第9回定期演奏会で、ヨハン・デ=メイ作曲の「Tボーン協奏曲」を独奏する。(アマチュア奏者による初演)
2009年1月、4度目のリサイタルを開催し、グロンダールの「トロンボーン協奏曲」やC・スモールの「カンヴァセーション」(バストロンボーン岡田泰浩)を演奏。
2009年12月、「多治見市交響楽団」を退団し、「名古屋市民管弦楽団」に移籍。

2010年1月、東海地区のアマチュア金管奏者を横断的に集結させた「名古屋ブラスアンサンブル」の結成に参加。新たにブラスアンサンブルの活動もスタートさせる。
2011年9月、湯浅篤史氏に請われ、「京都新祝祭管弦楽団」に入団し、2012年12月に「名古屋市民管弦楽団」を退団。
2013年3月には5回目となるソロリサイタルを地元可児市で開催し、イウェイゼンの「ソナタ」やアッペルモントの「カラーズ」、ディロレンツォの「リトルカウボーイ」などを熱演する。

現在、可児ウィンドオーケストラ首席トロンボーン奏者、京都新祝祭管弦楽団トロンボーン奏者、
名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー、クロッシングスライズ四重奏団メンバー、関西トロンボーン協会会員、可児市21世紀文化コーディネーター(蘇南中学校地域指導員)

トロンボーンを呉信一氏(サイトウキネンオーケストラ 京都芸大元教授)に師事。

東京都出身、1974年8月生まれ。6歳より愛知県知多市へ移り住む。
小学2年生でピアノを習い始める。(5年で辞める)
小学4年生で金管バンドに入り、ユーフォニアムを始め、
その後、中学、高校と吹奏楽部に在籍。
大学入学と同時に名古屋工業大学管弦楽団に入団し、トロンボーンを始める。
大学卒業後、西春フィル・ハーモニー・オーケストラ(現北名古屋シティ管弦楽団)、刈谷市民管弦楽団などを経て、2002年より名古屋市民管弦楽団に在籍。
また、管弦楽での活動では、トロンボーン以外にテナーテューバ(ユーフォニアム)、テナーホルン、バストランペットのような金管中低音域の特殊楽器も担当する。

現在、名古屋市民管弦楽団トロンボーン奏者、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー

愛知県豊田市出身、1976年12月生まれ。
小学5年生でトロンボーンを始める。
小学校で金管アンサンブル、中学校では吹奏楽部で活動。
大学入学と共に名古屋工業大学管弦楽団に入団、
バストロンボーンを始める。
大学卒業後、テナートロンボーンへ転向。
クラール交響楽団、名古屋市民管弦楽団、浜松市民オーケストラ、掛川吹奏楽団での
活動を経て、現在は名古屋トロンボーンアンサンブルで活動、名古屋
ブラスアンサンブルメンバー。
トロンボーンを田中宏史(名古屋フィル)、小幡芳久(名古屋フィル)の両氏に師事。

千葉県出身、1981年3月生まれ。
小学5年生の時、兄の影響を受け吹奏楽部に入る。
当時、兄と同じ楽器が嫌だという理由でトロンボーンを希望したが、
受け入れられず、兄と同じ楽器(ユーフォニアム)を始める。
小学6年生で、トロンボーンに転向。中学校・高校でも吹奏楽部に所属。
中学3年生の時に愛知県に引っ越す。大学進学後、名古屋工業大学管弦楽団
に入団。2006年、新名古屋交響楽団に設立メンバーとして入団。
2007年、名古屋トロンボーンアンサンブルの結成に参加。
現在、名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。

トロンボーンを湯浅篤史(京都堀川音高講師)、田中宏史(名古屋フィル)両氏に師事。

愛知県名古屋市出身、1982年6月生まれ。
中学校に入学後、吹奏楽部でトロンボーンを始める。
現在、名古屋シュピールシンフォニカー バストロンボーン奏者、
京都新祝祭管弦楽団トロンボーン奏者、名古屋ブラスアンサンブルメンバー、
名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。

愛知県蒲郡市出身、1988年10月生まれ。
中学入学時に吹奏楽部に入部。 当初はユーフォニアムを希望したが、
身体が大きい事を理由にトロンボーンに回される。 高校でも引き続き、
吹奏楽部にてトロンボーンを続ける。
部活動の傍ら、1年間、蒲郡市吹奏楽団にて活動する。
大学進学後、名古屋大学交響楽団に入団。
2009年、黒岩、岡田らの目に留まり、名古屋トロンボーンアンサンブルの活動に参加。
現在、名古屋大学交響楽団トロンボーン奏者、名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。
トロンボーンを岡本哲(京都市響)氏に師事。

愛知県北名古屋市出身、1993年3月生まれ。
幼少期よりピアノを始め、音楽と身近な生活を送る。
高校入学と同時に吹奏楽部に入部し、トロンボーンを始める。
大学進学後、名古屋大学交響楽団に入団。
2011年、名古屋トロンボーンアンサンブルのメンバーとなる。
現在、名古屋大学交響楽団トロンボーン奏者、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。

長野県出身、1992年9月生まれ。
中学入学時に吹奏楽部に入部し、トロンボーンを始める。
高校でも吹奏楽部での活動を継続、バストロンボーンを担当するも、
ハイトーンへの憧れを捨てきれず大学入学後に再びテナートロンボーンに
転向する。
現在、名古屋大学交響楽団トロンボーン奏者、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。

神奈川県横浜市出身、1979年4月生まれ。
音楽とは無縁な生活を送っていたが、中学2年生の時に
友人に誘われて吹奏楽部に入部。
テナーサックスを1週間でクビになり、手が長いというだけで
トロンボーンを始める。
その後高校でもズルズルと続ける。
大学進学時に新しいことを始めたくなり、横浜国立大学管弦楽団に入団するがその後後輩が入らずに7年にも渡って演奏会に乗り続ける。
大学院進学時にムジカ・パストラーレを経て、麻生フィルハーモニー管弦楽団、麻生ブラスアンサンブルに在籍。更に中学校のOBバンドであるすすき野吹奏楽団の立ち上げに関わる。
その後大学院を中退し、仕事の都合で愛知県に転居する。
名古屋市民管弦楽団に入団し、黒岩亮宏氏及び岡田泰浩氏に出会う。
2013年に名古屋トロンボーンアンサンブルのオーディションを受け、正式メンバーとなる。
トロンボーンを新立憲一氏(元東フィル)、湯浅篤史氏に師事。
妻一人、娘一人、仕事は航空宇宙関係の技術職。

愛知県出身、1981年10月生まれ。
幼少時からピアノを習い音楽と身近な生活を送る。
小学校にて吹奏楽に出会いユーフォニアムを始める。
中学校では音楽活動をせず、高校入学後、ビッグバンド部に入部し
バストロンボーンを始める。 大学進学後、「愛知学院大学管弦楽団」に入団し管弦楽の
キャリアをスタートさせる。
2002年、「名古屋市民管弦楽団」に入団。
2006年、「名古屋市民管弦楽団」を退団。
東京に転勤になりながらも2007年、「名古屋トロンボーンアンサンブル」の結成に参加。
現在、名古屋トロンボーンアンサンブルメンバー。 刈谷市民管弦楽団 バストロンボーン奏者。
バストロンボーンを湯浅篤史氏、小幡芳久氏(名古屋フィル)に師事。

 

岐阜県可児市出身、1974年3月生まれ。
4歳でピアノを習い始め音楽に親しむ。
中学校で吹奏楽部に入部。トロンボーンを始める。
高校進学後もトロンボーンを続け、高校在学中に「可児市消防音楽隊」に入隊。
大学に進学後、「名古屋大学交響楽団」に入団。
1995年、「可児ウィンドオーケストラ」に入団。
1998年、地元の後輩を集め「可児トロンボーン四重奏団」を主宰。バストロンボーンへ転向。
2006年、日本アマチュアアンサンブル組織のドイツ演奏旅行にエキストラ参加。
2007年、4本のクルトワ社製テナートロンボーンによる四重奏団、「クロッシングスライズ四重奏団」の結成に参加。
同年、東海地区のアマチュア奏者を集め、「名古屋トロンボーンアンサンブル」を主宰する。
2009年1月には、自身初めてとなるソロリサイタルを開催し、C・スモールの「カンヴァセーション」(テナートロンボーン黒岩亮宏)などを熱演する。
2010年1月、新たに設立された「名古屋ブラスアンサンブル」の結成に参加する。
2012年4月より京都祝祭管弦楽団に入団。

現在、可児ウィンドオーケストラバストロンボーン奏者、京都新祝祭管弦楽団バストロンボーン奏者、名古屋ブラスアンサンブルメンバー、名古屋トロンボーンアンサンブル代表、
クロッシングスライズ四重奏団メンバー、関西トロンボーン協会会員。
バストロンボーンを小幡芳久(名古屋フィル)、小西元司(京都市響)、吉田勝博氏(大阪フィル)の各氏に師事。